宮城県で不動産売却を行う際の注意

宮城県で不動産売却を行う場合、どこの会社で不動産売却をするかどうかで価格は大幅に違ってきます。

実際に価格差は大きく複数の不動産会社で100万円単位価格が異なる例も珍しくはありませんし、欲しがる人の有無、様々な情報で価格は異なってきます。

土地情報の相場の知り方としては国土交通省の土地総合情報システムや都道府県の地価調査、国土交通省の地価公示で知る事が出来ます。

ただこの価格情報はかなり幅があり、情報も地方では少なめになっていますので、宮城県など地方では価格情報は少なめである傾向があります。

また宮城県は平成28年の時点で人口230万人程であり、人口も減少傾向にある地域です。

その為、都市部以外の地価も下落傾向にありますので、不動産売却の際は周辺の相場を必ず確認しておきましょう。

購入時の価格を参考にした場合、売る時期を逃してしまうリスクを持ってしまう可能性もあります。

仙台市など人口が多い地域は例外であり、一定以上の需要が確保されていますので、宮城県仙台市である場合は高額での取引は期待出来るかもしれません。

東北地方は以前の大震災以降人口は減少傾向にある地域です。

ですが逆に割安で購入出来る不動産が多い地域とも言えますし、需要は一定数ある場所です。

駅近くなど条件によって売買価格は大きく違いますので、まずは複数の不動産会社に査定を依頼していきましょう。

まずは自分の不動産の実際の相場を知る事から始め、取引はまずはそこからです。